脱毛処理の種類について

ミックスジュースの作り方・レシピ

脱毛クリーム

永久脱毛とうたっている脱毛クリームもありますが、それら脱毛クリームはどういう仕組みになっているのでしょうか。
まず、脱毛クリームというものは、皮膚の表面に出ている毛を溶かして除去するため、一時的にはきれいになりますが時間が経てばまた毛は生えてきます。毛根が残っていて、まだ活動しているからです。そこに抑毛効果のある成分を併せたタイプの脱毛クリームが、永久脱毛として世に出ているようなのです。従来の脱毛クリームの中に抑毛成分を配合させてあるものや、脱毛処理後に抑毛剤を肌につけるものがあります。抑毛剤は、毛穴の奥にすり込むことで毛根を弱らせて、毛の成長を抑えるものです。毛が伸びる速度が遅くなったり、生えてくる毛が細くなったり、また使い続けていくうちに自然に毛が抜け落ちることもあるようです。
脱毛クリームと抑毛剤を併せて使い続けることで、肌をつるつるにキープしつつ、徐々にムダ毛を退化させていくことで永久的な脱毛ができる、ということなのでしょう。

針脱毛

針脱毛では毛1本1本の毛穴に細い金属針を刺し、弱い電気を流して毛包を破壊して脱毛します。皮膚の表面に触れる部分には特殊なコーティングがされ電気を通さないために、従来の電気脱毛と違って炎症や色素沈着を起こすケースが少ないという特徴があります。眉などの細かい部分や色素沈着が強くレーザーでは難しい部位に力を発揮します。
その時点で生えている全ての毛を脱毛する事ができます。ただし毛には表面に出ず、皮内に休んでいる毛もあります。脱毛希望部位の全ての毛を脱毛するには1年~3年くらいの期間を要します。毛周期の関係や通電した肌を休ませる為にも、1ヶ月~1ヶ月半は間隔を空けて下さい。 針脱毛は毛穴に針を通して行う脱毛法です。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛には、大きく『レーザー脱毛』と『電気針脱毛』『フラッシュ脱毛』の3つがありますが、医療レーザー脱毛は、効果が高く、痛みが少ないレーザーによって脱毛を行います。医療レーザー脱毛は黒い色素(メラニン)に吸収するレーザー光を照射することにより、表皮や周辺組織にダメージを与えることなく選択的に毛根のみを破壊します。 効果としては、特に毛の濃い部位、わきやビキニラインに効果が高く見られますが、ほとんどの部位の治療が可能です。 また、繰り返し照射を受けるとその部分の毛はなくなるかまたは細い産毛に変わります。その効果は半永久的です。医療レーザー脱毛で使用するレーザーにも種類があり、日本で使用されている代表的なレーザーは「ダイオードレーザー」と「アレキサンドライトレーザー」の2つがあります。

↑