脱毛症(ハゲ)の原因と改善

ミックスジュースの作り方・レシピ

脱毛症とは

脱毛症(だつもうしょう)とは、本人が生えることを期待していた毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態のことである。通俗的には禿げ(はげ)と言われる。生理学的には、ヒトの頭髪の形状は年齢や個々人の個性により多様であり、こうあらねばならないという正解があるわけではない。故に脱毛症は、本人の期待の上にだけ成立する抽象的な概念である側面がある。

様々な脱毛症

脱毛症には多くは男性型脱毛症と老人性脱毛症に分かれます。

・男性型脱毛症
男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していく。そのため、これは正常な生理的現象であるとし、病気としては扱われない。後述するような医学的対処も行われているが、医薬品は生活改善薬の一種であり、外科的手法は美容外科手術の一種である。病気の治療ではないので健康保険は適用されない。

皮膚内の毛髪の形成部分に酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンである「テストステロン」から生成された「ジヒドロ・テストステロン」という物質が作用し、毛髪の成長を妨げた結果としてうぶ毛しか形成されなくなることによって起こるものといわれている。毛髪自体が消滅しているわけではない。人類の頭髪がなぜこのような特徴を持つのかは明らかにされていない。男性型脱毛症が始まる年齢は人によってまちまちであり、早ければ10代後半から始まることもある。20代までに始まる男性型脱毛症は若年性脱毛症として区別することがある。また、近年女性にも男性型脱毛症を発症する人が増えてきた。女性の男性型脱毛症は頭頂部を中心に広い範囲が薄くなるもので生え際の後退はなく、一般的な男性型脱毛症とは薄くなりかたは違うが、メカニズムは同じものである。

日本やアジアでは、若ハゲは昔から軽蔑される風潮がある。特に近年はカツラ業界や育毛剤業界が盛んにテレビコマーシャルを流しており、若年性脱毛症を深刻な悩みの原因とする若い男性は多い。そのように人の劣等感を煽り立てて商売をするいわゆるコンプレックス産業のあり方を疑問視する声もある。

・ 老人性脱毛症
人間は60歳を超えると、性差にかかわりなく髪の毛を含む体毛が薄くなっていく。これを老人性脱毛症といい、男性型脱毛症と異なり頭部全体(さらには全身)にわたって毛の減少がある。進行には個人差があり、男性型脱毛症を併発することが多い。

脱毛症の原因

脱毛症の原因には、シャンプーの回数不足などにより頭皮が汚れることが原因で皮膚呼吸が困難になることで脱毛症の症状になる場合や、シャンプーやリンスなどの成分が合わず、間違った手入れによって頭皮が肌荒れして脱毛症が発症する場合があります。他にも、加齢により新陳代謝が衰え、毛母細胞に栄養が行き渡らないことが原因となったり、美容食品やサプリメントを過剰に摂取した事による薬害による脱毛症もあります。

頭皮や毛髪に関する誤った知識や間違った手入れ方法は、脱毛症の解消対策の妨げになる可能性もありますので、正しい理解をしておきましょう。誤った知識として、頭皮における皮脂は育毛を妨げていると聞くことがあります。皮脂とは本来、頭皮や肌を乾燥から守るために分泌される成分です。強力なシャンプー剤などで皮脂を除去してしまうのは、間違った手入れ方法です。洗浄力が強いシャンプー剤を使用することで頭皮に肌荒れが発症し、脱毛症の原因なる可能性があります。

脱毛症の解消対策方法

脱毛症の解消対策方法は、まずは脱毛症の原因を知り、その症状を把握することから始まります。脱毛症は原因によって様々な種類があります。まず、円形脱毛症の症状は、頭部にできる皮膚疾患の種類のひとつです。円形脱毛症の発生箇所は、頭部の頭皮部分になります。円形脱毛症の症状の特徴は、毛髪が円形に抜け落ちることです。

円形脱毛症が軽症であれば10円玉1つ分程度で、2ヶ月程で解消します。円形脱毛症の症状は蕁麻疹と違い、痛みやかゆみがないため、自分では気づきにくい症状です。そのため、円形脱毛症の症状に気がつかないこともあります。早期に円形脱毛症の症状を発見し、早期に解消対策方法を行うことが、より治療効果を発揮できるでしょう。

円形脱毛症の原因は、甲状腺などのホルモン異常、自律神経不安定、アレルギーなどがあります。円形脱毛症の原因は自己免疫疾患が多いとされています。毛乳頭にある毛母細胞をリンパ球が攻撃することで、髪が抜け落ちてしまうのです。また、円形脱毛症の原因には、現代社会のストレスが関係しているといわれています。自分にあったストレス解消方法やストレスを溜めない生活習慣に改善することが、効果的な円形脱毛症の解消対策方法となるでしょう。

↑