スキンケア クレンジングオイル-美白健康美人は基礎化粧品の使い方の名人!

ミックスジュースの作り方・レシピ

クレンジングオイルでスキンケア

皆さんは、クレンジングオイルをどんな風に使っていますか?一日の終りには、どんなにきれいなメークにも、美肌にも、汚れやちり、ホコリ、酸化した皮脂などがついています。美しいお肌を保つためにも、そんな汚れはきちんと落とさなければなりません。クレンジングオイルはお肌の汚れや、メーク汚れをしっかり落としてくれます。しかし、クレンジングオイルをむやみに使うと、お肌には逆効果になることもあります。ここでは、クレンジングオイルについてご案内します。クレンジングオイルの上手な使い方をマスターしましょう。

クレンジングオイルの特徴

クレンジングオイルの特徴は、そのクレンジング力にあります。汚れてしまったお肌には、メーク汚れや、大気中の汚染物質や酸化した皮脂などが付着しています。クレンジングオイルの油分がその汚れを溶かして落とすのです。クレンジングオイルには界面活性剤が含まれているものが多く、クレンジングオイルの油分がお肌の油汚れを浮き上がらせた後、界面活性剤が水と一緒になり乳化して落とすので、クレンジングオイルを洗い流した後はサッパリとした洗い上がりになるのです。

クレンジングオイルの選び方

クレンジングオイルを選ぶとき、汚れが落ちればなんでもいい、と思っていませんか?それは大きな間違いです。クレンジングオイルの選び方を間違えるとスキンケアに大きな悪い影響を及ぼします。まず、クレンジングオイルを選ぶ際に大事なのは、あなたのお肌に合っているかどうかです。クレンジングオイルがお肌に合っていないことで、自分でも気づかないうちに、お肌のトラブルに発展しているということがあります。特に敏感肌の方や、乾燥肌の方は、注意しましょう。あまり洗浄力の強くないクレンジングオイルを選ぶ必要があります。

クレンジングオイルの使い方

クレンジングオイルの使い方をご案内します。まず、クレンジングオイルはオイルタイプですので、「垂れ落ち」しやすい性質があります。ポンプタイプのクレンジングオイルは一回押したときに出る量に気を付けましょう。顔全体に使う半分の量を一度出して、両手で広げます。そして、クレンジングオイルを顔全体になじませていきます。特に小鼻やあごは汚れが落ちにくいので丁寧になじませます。もう一度クレンジングオイルを手に取り、同じように繰り返します。クレンジングオイルの、のびの感触が変わってきたら、汚れとなじんだ合図です。手早く、水やぬるま湯でていねいに洗い流しましょう。

クレンジングオイルの注意点

クレンジングオイルを使う上では、注意することもあります。クレンジングオイルはクレンジング力が強いので、必要以上にお肌をこすったりしてはいけません。また、クレンジングオイルを使っているときは、マッサージをしてはいけません。クレンジングオイルで逆にお肌を傷つけることになってしまいます。また、朝夕のダブルクレンジングもお勧めできません。使いすぎはNGです。
しかし、クレンジングオイルを上手に使えば、スキンケアの強い味方であることは間違いありません。あなたもクレンジングオイルで、美白美肌健康美人になりましょう!

↑