中耳炎 予防と対策

ミックスジュースの作り方・レシピ

中耳炎ってどんな病気なの?

中耳と上咽頭(鼻の奥あるいは喉の上の方)をつないでいる耳管を通じて、鼻や喉のほうから細菌が入り込むために、中耳が炎症を起こします。子どもの場合、風邪をひいたのをきっかけに発病することが多く、治りきらないまま放置すると慢性中耳炎や滲出性中耳炎に移行することがあります。

(1) 「急性中耳炎」中耳に炎症が起きる病気で、急激に炎症が起きる。
(2) 「慢性中耳炎」炎症が長く続く。
(3) 「滲出性中耳炎」痛みはないが耳の中に粘液がたまり耳の聞こえが悪くなる。
(4) 「真珠腫性中耳炎」鼓膜のふちに穴があいてしまい骨を壊してしまう。
などがあり、とくに子どもの難聴は、滲出性中耳炎がきっかけになることが多いので注意しましょう。

中耳炎 早期発見が鍵!

検査は、外部の音を遮断した部屋で、オーディオメーターという機械を使って行われます。
この検査で「伝音難聴」つまり外耳、鼓膜、中耳の音を伝える部分に障害が無いかを調べ中耳炎等の有無を確認します。
早期発見するほど治療効果が上がりますので、年に一回の検査、そして症状がでたら一刻も早く耳鼻科を受診しましょう。
(子どもがテレビの音を大きくするようになったら、滲出性中耳炎の可能性があるので早めに受診を)

中耳炎は事前に防止できます。

中耳炎はちょっとした日常の注意で事前に防止することができます。
1 ) いつも耳を清潔にする
2 ) プールやお風呂で耳が水に入ったときには、きちんと出す
3 ) 生活習慣病も要因のひとつ。規則正しい生活で予防を心がける
4 )ストレスも要因のひとつ。ストレス解消のために気分転換を図る

中耳炎まとめ

■中耳炎とは
大半の中耳炎は、(急性)化膿性中耳炎と(慢性)滲出性中耳炎に分けられます。耳の穴から細菌が入って中耳炎になると思われている方が案外多いのですが、細菌はのどや鼻から入ってきます。耳の穴の奥には鼓膜がありますが、その鼓膜の裏側に中耳腔という小さな部屋があります。この中耳腔と鼻、のどの奥は細い管でつながっているのです。あくびをしたり鼻をつまんで力を入れると、耳の中に空気が出入りするのがわかるでしょう。カゼの時に、のどや鼻の奥で増えた細菌は、この細い管を通って鼓膜の裏側の中耳腔に侵入し、そこで増えて中耳炎を起こします。そして、その細菌を食べた白血球の死骸が膿となってそこに溜まります。その膿が細い管を塞ぎ、空気が耳の中へ出入りできなくなって耳の中の圧力が高まってくるため、激しい痛みを訴えるようになります。この状態が急性化膿性中耳炎です。滲出性中耳炎は膿のかわりに、まわりからしみ出した透明の液体が中耳腔に溜まった状態です。急性化膿性中耳炎の後によく起り、痛みはあまり感じませんが、耳が聞えにくくなります。

■どのように中耳炎を診断しますか?
「耳が痛い」とか「聞こえにくい」という訴えがあると、耳鼻科を受診して診断が確定するのですが、問題はそのような訴えのできない2歳以下の子どもの場合です。上気道炎、すなわちカゼは長くても5日くらいたてば熱が下がって症状が治まってくることがほとんどですが、中には何日たっても熱が一向に下がらない場合があります。このような場合には肺炎か中耳炎の併発を疑います。肺炎の場合は咳が続いていたり、呼吸が苦しそうだったりするのですが、中耳炎はこれといった症状がありません。また、カゼ症状がだんだん治まってきて、もう治ったかなと思う頃に再び発熱して機嫌が悪くなる、というパターンも中耳炎を疑わせます。年長児では耳が痛いと訴えることができますが、中耳炎には2才未満の、まだはっきりと耳の痛みを訴えることができない子どもがかかることが多いため、きげんが悪い、耳に手を持っていく、頭を振るなどが唯一の症状となります。頭痛や嘔吐を伴うこともあります。このような場合、耳鏡で耳の中を覗くと鼓膜が真っ赤になっていたり、白い膿で中から押されてこんもりと盛り上がっていたりすることがあります。これが典型的な急性化膿性中耳炎です。急性化膿性中耳炎のあと、滲出性中耳炎に移行することがよくあります。滲出性中耳炎は普通、熱や痛みがなく難聴だけであるため、小さい子どもの場合、気づかれていない場合もあります。滲出性中耳炎では鼓膜が濁っていたり、ざらざらしています。溜まっている水が外から見えることもあります。

■小児科医からみた中耳炎治療のポイント
小児科医の役割は、多くのカゼの中から、程度の強い中耳炎を早く見つけて耳鼻科医に紹介することだと思っています。黄色い鼻水が出ているときは鼻の奥に細菌がついている証拠なので、中耳炎になりやすい状態です。程度の軽い中耳炎の場合は抗生剤の内服で炎症が治まり、鼓膜の内側にたまった膿が鼻の奥へと自然に抜けるのですが、程度の強いものは膿がたくさんたまっており、抗生剤の点滴や内服だけでは膿が抜けず、なかなか熱が下がりません。このような場合には、鼓膜を切開して膿を出すと、うそのように熱が下がり、痛みがとれます。自然に鼓膜が破れて耳だれが出てしまっても熱は下がり痛みがなくなりますが、切開したときに比べ鼓膜の傷みが大きく、好ましい経過ではありません。万一、鼓膜が破れて耳だれが出た場合でも、あとを耳鼻科できれいに処置してもらった方がよいでしょう。中耳炎は繰り返し易い傾向にありますが、2歳を過ぎてきますとだんだんかかりにくくなってきますので、最初は大変ですが根気よく治療しましょう。治療の基本は抗生剤の長めの内服です。急性化膿性中耳炎はしっかり治しておかないと、まれに顔面神経麻痺(顔の筋肉がうごかなくなります)、乳様突起炎(耳の後の骨の中にまで細菌が入り込んだ状態)や髄膜炎を起こし重症となります。また、滲出性中耳炎になったり、鼓膜に欠損ができて難聴になってしまう場合もあります。

■中耳炎の応急処置
耳を痛がる場合は氷などで耳を冷やすと痛みがやわらぐ場合があります。熱さましは同時に痛み止めの作用もあるので効果があります。

↑