ケアマネージャーの仕事内容と活躍の場

ミックスジュースの作り方・レシピ

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーは、日常生活を送るために介護を必要とする「要介護認定」を受けた人や、その家族からの相談を受けています。
相談を受けたケアマネージャーは、それぞれの要介護者の状態に合わせ、最適と思われる介護サービスを受けられるように、ケアプランと呼ばれる介護サービスのプランを立てます。
プランの作成後、ケアマネージャーはその実現に向け、関連業者との調整までを行うことを主な役目としています。
ケアマネージャーの仕事は、平成9年に施行された「介護保険法」に基づきます。
全ての人が適切な介護サービスを受けられるよう、法律によって制定されたケアマネージャーの資格は、公的資格であり、正式名称は「介護支援専門員」といいます。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの仕事は、大きくまとめると、介護サービスを必要とする人やその家族が、適切で且つ充分な介護サービスを受けられるように務めることが最も大きな役割となります。
そのためにケアマネージャーは、様々な場面で介護を必要とする人たちに代わり、必要な手続きなどを進めていきます。そして、申請者の訪問調査を行うのもケアマネージャーの役目です。
介護認定がおりた要介護者に対しては、詳しい状態や介護についての希望を聞き、どんな介護サービスが適切かを検討し、介護のプランを作成します。
介護サービスを提供する事業者と要介護者との仲介なども行い、ケアマネージャーは介護支援事業において、とても重要な役目を負う存在となっています。

ケアマネージャーの活躍の場

ケアマネージャーは、介護支援事業でとても重要な位置づけにある資格となるため、活躍できる場は多岐に渡ります。
まず、全国の市区町村役場の福祉課や福祉事務所、福祉公社の他、老人訪問看護ステーションや在宅介護支援センターといった公的機関は、ケアマネージャーの代表的な就業場所といえます。
公的機関だけでなく、ケアプランを作成する居宅介護支援事業所として認定を受けている介護事業者や、各地域の社会福祉協議会、有料老人ホームといった民間の福祉機関でも、ケアマネージャーは必要不可欠です。
さらに、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、特別養護老人ホームなどの介護保険施設、NPO法人として訪問介護サービスを提供する事業者などでも、ケアマネージャーはなくてはならない存在です。
また、豊富な実務経験を積んだケアマネージャーの中には、独立して介護事業サービスを行う人も少なくはないようです。

ケアマネージャーになるには?

ケアマネージャーは、高齢化社会の到来に伴い、介護サービス事業を行う様々な機関において需要が高まっている公的資格です。
福祉の仕事に就きたいと思っている方や、ヘルパーの資格を持って既に介護の世界で活躍している方の中には、ケアマネージャーの資格取得を検討する方も多いことでしょう。
ケアマネージャーになるためには、「介護支援専門員」の資格を取得する必要があります。
「介護支援専門員(ケアマネージャー)」資格を取るためには、所定の実務経験を積むことが受験資格を得る条件となっています。
ケアマネージャーは、様々な介護施設でリーダー的な役目を負うことも多いため、しっかりとした知識と経験を備えた人でないと、務まらない仕事といえるでしょう。

ケアマネージャーの資格試験

ケアマネージャーになるために必要な「介護支援専門員」の資格試験は、毎年10月、あるいは11月に実施されています。試験日は日曜なので、働きながらケアマネージャーの資格取得を目指す方でも、休日を使って受験することができます。ケアマネージャーの資格試験は10月か11月ですが、受験の申込みは7月から8月と早めに行われるので、注意が必要です。ケアマネージャーの資格試験の内容は、保健医療分野(20問)、介護支援分野(25問)、福祉分野(15問)の計60問が、多岐選択式で出題されます。
この試験に合格したらすぐにケアマネージャーとして活躍できる…というわけではありません。
試験に合格した後は、「介護支援専門員実務研修」を受け、修了、登録を完了して、初めてケアマネージャーとしてのスタートラインに立つことができるのです。

↑