ブライダルネイル

ミックスジュースの作り方・レシピ

ブライダルネイルとは?

一生に一度の結婚式でひときわ輝くために指先のオシャレは大切です。幸せな結婚式のために作られるネイルアート、それがブライダルネイルなのです。また、ブライダルネイルといっても、花嫁さん次第でどんな風にもアレンジでき、楽しみ方も十人十色です。
ドレスに合わせることを重視したい方、清楚な雰囲気を出したい方、自分らしく派手に着飾りたい方、どんな合わせ方も出来るのが魅力的です。
最近は自爪へ負担が少ない「ソークオフ」タイプのブライダルネイルが流行で、爪を傷つけず、しかもキレイなネイルアートを楽しむことができ、ブライダルネイルは、ブライダルに憧れる女性たちから圧倒的な人気を集めています。
また、「ネイルチップ」は付け替えが出来るのでブライダルネイルにはピッタリです。お色直しごとに「ネイルチップ」を変えて楽しむ花嫁さんも急増中。取りはずし可能なネイルチップは、結婚式後も繰り返し使えたり、記念に部屋に飾ることができます。

ブライダルネイルのあれこれ

自爪に直接カラーやアートを描いたり、またはジェルやアクリルなどの施術を受けるのは2.3日~前日が基本です。人気のネイルサロンはすぐに予約が入ってしまうので、なるべく早く予約を入れておくと良いでしょう。
また、爪が短くても、素敵なブライダルネイルをすることが出来ますので問題ありません。もし自爪よりも長くしたい場合は、人工的に長くすることも出来ます。その時には、どのくらい爪を伸ばしたいのか、しっかりネイリストさんに伝えましょう。
また長さを決めるのにサンプルチップを見せてくれることがありますが、実際に爪の上に乗せて確認しましょう。チップの状態で見ると短いように見えても、実際に爪に乗せると思ったよりも長かったりすることがあります。色々とネイリストさんが
アドバイスをしてくれますので、よく相談しましょう。また、それぞれの素材(カルジェル・バイオスカルプチュア・ジェル・アクリルetc)によって特性があるので、その後のケアやメンテナンスなども聞くと良いでしょう。
また、ブライダルネイルの費用についてですが、ネイルサロンごとにブライダルネイルコースを用意しているところが多く、メニュー内容も多種多様ですが、約30,000円前後が平均的なようです。

ブライダルネイル ~日々のお手入れ~

美しいブライダルネイルを叶えるために、最低限心がけたいことは、ズバリ保湿です。美しい指先は、美しい手肌があってこそ。キューティクルオイルやハンドクリームを持ち歩いて、水仕事の後や手を洗った後など、こまめに塗るのがよいでしょう。また、ささくれをむしってしまうことと、爪切りを使うのはNG。特に爪切りを使うと、パチンという衝撃が二枚爪の原因になることもあるので気をつけてください。
夏に向けての季節なら、お肌と同じように手の甲や指にも日焼け止めクリームを塗って、紫外線を防止しましょう。サンダルを履くときには足の甲にも忘れずに。
また、外側から指先をケアするのと同時に、身体の内側からも綺麗にしてあげましょう。爪というのは髪と同じケラチンというたんぱく質からできています。丈夫で弾力のある爪を作るためには“たんぱく質・ビタミン・ミネラル”のバランスがとれた食事が欠かせません。

 

↑