転職情報支援 -貿易事務のキャリアを活かして就職する-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

-貿易事務のキャリアを活かして就職する-

イメージ

貿易事務の仕事について確認

貿易事務のキャリアを活かして就職するためには、貿易事務経験の中でどのようなスキルを身につけてきたのかを再確認する必要があるのです。
貿易事務の仕事は輸出入に関する書類全般の作成や手配が主な業務で、他国の担当者とやり取りをすることです。
貿易事務経験者は、ある程度語学ができて事務職としての経験もあるので、転職を考える時に大きなポイントになります。以上のことをふまえて、貿易事務のキャリアを活かして就職するために、自分にできることを再確認して下さい。

貿易事務で身につくスキル

貿易事務の仕事をしていて身につくスキルは、語学力だけとは限りません。
日本国内だけを対象とした仕事なら日本の事情に詳しければ問題ないが、貿易事務では相手国の事情も理解する必要があります。
貿易事務は国際政治や世界情勢にも理解がなければ、続けていくことは難しいものです。これらの積み重ねは貿易事務では当たり前のことですが、他者から見れば大きなアドバンテージになります。
事務経験、互角能力、グローバルな視点が貿易事務という仕事で求められるスキルです。

貿易事務経験を活かすためには

貿易事務経験は広い視野を持つことができるようになります。
それまで日本国内を対象に仕事をしていた企業が、今後海外展開も考えているのなら、貿易事務経験を持った人材はとても魅力的です。
日常会話レベルの英語能力を持つ人間は多くいますが、専門用語を使うレベルの人材は貴重だからです。
貿易事務経験があるなら、次の職場も語学能力が必要になる職場が最適です。しかし事務職の経験もあるので、一般的な事務職への道もあります。
語学能力と事務としての経験は、貿易事務経験者の大きな力です。

貿易事務で身につく語学を活用

貿易事務は英語ができれば良いというものではありません。英語ができれば英語圏を対象とした貿易では問題ありませんが、貿易事務は英語圏のみを対象としたものではありません。
貿易事務は書類を中心とした仕事なので、会話があまりできなくても問題ありません。しかし文面中心とはいえ語学能力があるというのは、大きなメリットになります。
その国の言葉だけでなく、書類形式の違いや文化の違いが貿易事務には求められます。
貿易事務経験者が採用者にとって魅力的なのは、これらの点に強いというところです。自分には何があるのかをアピールする時には、このことを忘れないで下さい。

貿易事務のキャリアを活かして就職するために

貿易事務経験者の絶対数は、他業種と比べて数は多くありません。それだけに貴重な人材と言えます。
貿易事務としての経験は、さまざまな職業で役立てることができるものです。自分には何ができるのか、どのような経験があるのかがわかれば、貿易事務としての経験をどのようにアピールすべきかわかるはずです。
自分の志望する職種にもよるので、どこを強調すれば効果的なのかは自分で考える必要があります。
貿易事務のキャリアを活かすことができない仕事でも、担当者から見れば使い道がわかることもあります。
貿易事務経験でここが必要、不必要と考えるのではなく、自分にできる全てを相手に伝えるようにして下さい。ぜひ、いい転職を実現させて下さい!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.