美容院とシャンプーについて

ミックスジュースの作り方・レシピ

美容院のシャンプー・リンスはホントにいい?

『美容院のシャンプー・リンスを買って使うと、市販の物が使えなくなる。』という方がいます。『艶(つや)と、洗ったあとのシットリ感が全然違う。』という方も…。でも一時的な「使用感」だけで「美容院のシャンプーはいい」と考えてもいいのでしょうか? → このサイトでは商業的なことを抜きにして、美容院のシャンプーについてご紹介しています。
ところでシャンプーに使われている「洗浄成分」について、皆さんはどの程度ご存知ですか?あまり気にされたことはないと思います。しかし、シャンプーにとって洗浄成分は、その商品の品質を決めるといっても過言ではないのです。
シャンプーは水と洗浄成分でそのほとんどが構成されていますから、洗浄成分を見極めることで、いいシャンプーというものは分かるのです。よい洗浄成分を使っているシャンプーを使えば、そのまま仕上がりの良さにつながりますし、逆に質の悪い洗浄成分のシャンプーを使えば、いくらトリートメントなどをしても、髪はいい状態にはならないのです。
コンディショナーやトリートメントではなく、シャンプーの時点で髪の仕上がりは、実はすでに決まっているのです。
それでは代表的な洗浄成分について、簡単にご説明しましょう。
【硫酸系洗浄剤】・・・ラウリル硫酸など成分名に”硫酸”の入るもの。石油から作られたものです。洗浄力が大変強い、原価が安い、生分解性が悪い、などの特徴があります。安さゆえか一番広く使われています。
【アミノ酸系洗浄剤】・・・アミノ酸から作られた洗浄剤。髪と同じアミノ酸なので、髪に対しトリートメント効果などがある、洗浄力が穏やか、低刺激、などの特徴があります。
【ベタイン系洗浄剤】・・・ベタイン(天然成分)から作られた洗浄剤。適度な洗浄力で低刺激なため、ベビー用の製品によく使われます。髪の毛に対しても柔軟効果などがあります。
【グルコシド系洗浄剤】・・・グルコースという糖から作られたもの。洗浄力も穏やかで、低刺激、水分保持能力などもある洗浄剤です。
【たんぱく質系洗浄剤】・・・シルクやコラーゲンなどのたんぱく質からできた洗浄剤です。髪の毛もたんぱく質からできているので、髪に対しての補修効果など、大変よい効果があります。いわゆる「補修効果のあるタンパクPPT洗浄剤」で、洗浄力は穏やかです。

美容院に負けない、自分でできるシャンプー法

・2度洗いをお勧めします。(1度目で充分泡立つ方は1度で構いません)

・まず髪全体をお湯でよく濡らし、洗い流します。このときに汚れの7、8割は落ちると言われています。 軽くではなくしっかりすすぎ、汚れを落としてください。

・1度目はシャンプー剤を髪全体にゆきわたらせ、良く洗い流します。

・再びシャンプー剤をつけ、生え際から頭頂部に向かって指の腹でマッサージしながら、よく泡立てて洗います。

・指やシャンプーブラシで頭皮を揉(も)むようにしてよくマッサージします。
 (爪は立てないで下さい)

・充分泡立ったところで、より潤いを求める方は数分間泡パックをします。

・お湯で充分すすぐのですが、濡れた髪の毛というのはとても傷みやすいのです。ですからこすったりせずに、やさしく手ぐしを通すくらいにしてすすぎます。このすすぎは十分に行い、シャンプー剤を完全に洗い流します。
  (すすぎ足りないと、べたつきなどの原因になります)

このように意識してていねいに洗えば、美容院でのシャンプーに負けないヘアケアが、自分でできるのです。

美容院のシャンプーにこだわるよりも…

「美容院のシャンプー・リンスはホントにいい?」の項目でご紹介した「洗浄剤」ですが、問題のある洗浄剤もあります。
もうお分かりでしょうが、硫酸系の洗浄剤です。問題点は、洗浄力が過度に強く、髪や頭皮の水分油分を奪いすぎる、刺激も強い、と言った特性のほかに、生分解性が悪く環境への負荷が大きいという要因もあり、さらには頭皮から吸収され体の内部にまで悪影響を与えると指摘する専門家もいます。
最近女性を中心に、若い人の薄毛が増えてきたといわれていますが、この洗浄剤が原因のひとつであるとも言われています。 髪に与える影響としても保湿効果などはなく、髪が乾燥しごわごわ、ぱさぱさになりがちです。カラーの色落ちも早く、洗うほどに髪にダメージを与えます。 はっきり申し上げて、この成分には、原価が安いということ以外にいいところはありません。ですから、美容院のシャンプーであっても、「なになに硫酸」とついている洗浄成分は避けることが賢明であると言えるでしょう。
美容院のシャンプーであれ、市販のものであれ、『本当に髪を大切にするためには?』という視点で選択することが、 大切なのではないでしょうか。

↑