あざ(痣)の治療

ミックスジュースの作り方・レシピ

あざ(痣)とは

あざは医学的には生まれつき、あるいは生後しばらく経ってから生じてくる、皮膚の色素細胞や、毛細血管、その他皮膚の構成要素の異常を指します。その異常の結果、皮膚の色調や、性状が普通の状態ではなくなります。医学用語では母斑と呼びます。これは文字どおり先天的に母親から受け継いだ皮膚の色調異常という意味ですが、実際は生まれてすぐはわかりづらく、しばらくしてからはっきり分かるようになることも多いようです。

あざ(痣)の種類

・黒あざ
色素細胞母斑というのが正式な名前です。ほくろも組織学的にはこの中に含まれますが、ここでは生まれつき存在する、ほくろより大きめの黒い色素斑について述べます。
黒くなるのはメラニン色素がかなり多く存在することを意味します。

・茶あざ
扁平母斑が正式な名称です。うす茶色で平坦です。欧米ではカフェオレ斑と呼ばれています。生まれつき存在することも多いのですが、思春期になってから発生するタイプもあります。これはべッカー母斑と呼ばれ、肩や胸、あるいは腹部や臀部の片側にできて、剛毛が生えるのが特徴です。
茶色い色調はメラニン色素のせいです。皮膚のやや浅めのところに色素が存在します。しかし毛根にそって深いところにも色素が存在するため、それが再発の原因になることが多いようです。

・青あざ
黄色人種に特にもっともなじみのあるあざです。できる時期や場所によっていくつかの種類に分けられます。青い色の正体は黒あざと同じメラニン色素です。ただ色素の存在が、皮膚のやや深めのところに限られているために青く見えるのです。
蒙古斑もこの仲間ですが、ほとんどは自然に治ってしまいます。問題になるのは顔にできる太田母斑や、蒙古斑でも腕などに生じて大人になっても治らない異所性蒙古斑です。

・赤あざ
これは先天的な血管腫のことです。当院では血管腫に対するレーザー治療は行っておりませんが、単純性血管腫と呼ばれる、表面が平坦で凸凹していない先天的な赤あざの治療には、色素レーザーが最初に選択される治療法です。

あざ(痣)の治療法

手術による切除が基本です。なぜならこのあざには悪性化の潜在的な危険があるからです。レーザーによる治療も実際は行われていますが、それはあくまでどうしても切除が困難な場合です。しかもレーザー照射前に悪性化の危険性も十分説明し、患者さんの納得と同意が得られなければなりません。医師と相談し、治療を行ってください。

↑