エステティシャンになる方法

ミックスジュースの作り方・レシピ

エステティシャンの資格

エステティシャンになるには何が必要なのか、自分の夢を決めたのならしっかりとその方法は押さえておきましょう。
美と健康のお手伝いをするエステティシャンというものは、女性にとって憧れの職業の1つだと思います。ではエステティシャンになるためには、何をすれば良いのでしょうか。
現在エステティシャンであるという事を証明する資格はありません。それぞれが持つ技術、知識こそがエステティシャンである事の証明になります。そのためにはエステサロンが運営しているエステティシャンスクールに通うという事や、専門学校に通うという事が一番の近道です。

エステティシャンの資格

エステティシャンである事の公的な資格はありません。日本エステティック協会の資格はありますが、その資格があるからエステティシャンであるという物は無いのです。
現在規制緩和等の様々な要因によってエステティシャンの公的資格化は難しいとされています。ですから国家資格を取得しないとエステティシャンになれないというわけではありません。
ここまでくれば分かると思いますが、エステティシャンであるという事の証明は自分の持っている知識・技術が頼りになるのです。自分の技術に慢心する事無く上を目指し続けるのが成功の秘訣です。

エステティシャンになるための勉強

エステティシャンになるための勉強をするためには、基本的に専門学校に通う事になります。日本エステティック協会が認定する養成施設が全国にありますので、エステティシャンを目指す方は自分に合った学校を探す事から始めましょう。
近くにエステティシャンの専門学校が無いという方は、通信教育でエステティシャンを目指す事が可能です。ただし実技がありますので、その都度学校に行く事は必要になるという事を覚えておいてください。
もう一つ、最初からサロンに就職してエステティシャンの勉強をするという方法もあります。現場の空気を感じる事ができるので、こちらの方が肌に合っている方もいるかもしれませんね。

エステティシャンの学校

エステティシャンの学校では、大きく分けて3つのコースがあります。とは言ってもそれぞれを分けるのは勉強期間の違いです。2~3ヶ月で修了するもの、半年~1年で修了するもの、1年かけてしっかりと勉強するものが一般的ですね。
これらは卒業後に認定エステティシャン資格を受ける時に違いがでてきますので、できれば1年かけて勉強するコースでしっかりと勉強しましょう。
この他に国際的なエステティシャン資格である、CIDESCO国際試験の受験資格を得る事ができるコースもあります。こちらはCIDESCO本部の認定校に入学する必要があるので、条件は厳しめです。
どうしてもエステティシャンの学校に通うのが難しいという方は、通信教育でエステティシャンになるための勉強をする事もできます。

エステティシャンの求人が多いわけは?

エステティシャンの求人は、実際に探してみるとかなり多いと思うはずです。エステティシャンという職業自体人気があるのも理由の1つですが、仕事がきついので辞める人が多いというのも原因となっているのではないでしょうか。
エステティシャンという言葉を聞くと華やかなイメージがありますが、実際には仕事はかなりきついです。肉体労働がメインなので当然ではありますが、どうしてもエステティシャンという言葉が持つイメージのせいで誤解している方が多いようです。
エステティシャンという職業は、お客として利用する時は華やかに感じても、実際には全く違うものだと思ったほうがよいです。そういった事を乗り越えて1人前のエステティシャンになれるのです。

↑