ミリオンダラー・ベイビー(Million Dollar Baby)クリント・イーストウッド監督 〜アカデミー賞特集!
saicoro Produce by saicoro Site update contents

ミリオンダラー・ベイビー ☆アカデミー賞☆

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー(Million Dollar Baby)は、2004年のアメリカ映画です。ミリオンダラー・ベイビーの製作会社はワーナー・ブラザーズで、監督・製作・主演はクリント・イーストウッドです。2000年に発表されたF・X・トゥール(本名:ジェリー・ボイド)の短編集『Rope Burns:Stories From the Corner』を元にポール・ハギスが脚本を担当しました。第77回アカデミー賞 作品賞を受賞した作品です。

公開当時75歳であったイーストウッドによる25番目の監督作品である本作品は、3000万ドルの低予算と37日という短い撮影期間で製作されながら、2003年公開の『ミスティック・リバー』に続き作品の完成度の高さと従来のハリウッド映画との異質性を高く評価され全米だけでも1億ドルの興行収入を記録した。さらに、第77回アカデミー賞において、マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』との「巨匠対決」を制し作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の主要4部門を独占したのを始め、多数の映画賞を受賞した。

しかし、ミリオンダラー・ベイビーは、これほどの成功を収めた作品でありながら、尊厳死という、極めて慎重に議論が重ねられている題材を映画の結末部分に用い、加えて前半部分が、『ロッキー』を連想させるサクセスストーリーであったため、必ずしも万人が賞賛を送ったわけではありませんでした。宗教や政治思想によっては強い反発を招き、各方面で抗議行動や論争が起こったという点でも大きな話題を提供しました。

ミリオンダラー・ベイビーの見どころ

ミリオンダラー・ベイビーは家族からすらも愛情を受けた事のない孤独な女性と、家族にすら愛情を見せた事のない不器用な老年の男性の間に芽生えながらも、非情な結末を迎える愛の物語です。

アメリカ中西部でトレイラー・ハウスに住むほど貧しい上に家族が崩壊状態にあり、死んだ父親以外から優しい扱いを受けてこなかったマギー・フィッツジェラルドは、プロボクサーとして成功して自分の価値を証明しようと、ロサンゼルスの下町にあるフランキー・ダンのうらぶれたボクシング・ジムの戸を叩いたのです。

フランキーはかつて止血係(カットマン)として活躍した後、トレーナーとなってジムを経営し、多くの優秀なボクサーを育ててきました。しかし、彼らの身の安全を深慮するあまりに慎重な試合しか組まない上に不器用で説明が不足していたことからビッグチャンスを欲するボクサーたちに逃げられ続け、その不器用さは家族にも波及し、実の娘ケイティとは音信不通になっています。

マギーがジムに入門したのは、フランキーが最近まで手塩にかけて育ててきたビッグ・ウィリーに逃げられたばかりの時でした。最初フランキーはマギーのトレーナーになることを拒んだものの、フランキーの旧友でジムの雑用係、元ボクサーのエディ・『スクラップ・アイアン』・デュプリスが彼女の素質を見抜いて同情したこともあり、次第にフランキーは毎日ジムに通い続けるマギーをコーチングしはじめます。そして練習を通じ、やがて2人の間に実の親子より強い絆が芽生えて行きます―――。

ミリオンダラー・ベイビーの豆知識

アカデミー賞を受賞したミリオンダラー・ベイビーですが、主テーマが尊厳死や安楽死にあるわけではありません、この問題はキリスト教右派が国民の半数を占めるアメリカでは極めてデリケートな問題であり、保守派コメンテーター、障害者団体、キリスト教団体によるこの映画のボイコット運動などが起こり話題になりました。

イーストウッドはこの件に関して、映画の中におけるフィクションの登場人物による行動と、イーストウッド自身の思想や言動は全く無関係であり、この作品はあくまで彼のアメリカン・ドリーム観を表現したものであると述べています。

その他、ミリオンダラー・ベイビーに関しては様々な反応がありました。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.